生田悦子さんが虚血性心不全のため死去 71歳

 

女優生田悦子さんが7月15日に、虚血性心不全のため、都内の病院で亡くなっていたことが17日、分かった。71歳だった。所属事務所がホームページで発表した。 事務所によると、最近までの生田さんは、入院や通院治療をするような持病もなく、普段通りの生活をしていた。15日午前に就寝中の異変に夫が気づき、救急車で病院に搬送されたが、その後に息を引き取ったという。葬儀は故人の遺志により近親者で行う。後日、お別れの会を開く予定。

 生田さんは福岡県出身で、1947年(昭22)4月8日生まれ。63年に準ミス平凡に選ばれ、66年に松竹に入社。同年11月に映画「命果てる日まで」で女優デビューし、その後、映画やドラマ、バラエティーで活躍していた。06年12月には、更年期うつによる闘病生活を送っていたことを告白していた。

生田さんは、81年4月から83年9月まで放送されたフジテレビ系人気バラエティー番組「欽ドン!良い子悪い子普通の子」に出演。小柳みゆき(現小柳友貴美)が演じたワル山(悪いOL)、松居直美が演じたフツ山(普通のOL)とともに、ヨシ山(良いOL)として活躍した。 3人は「よせなべトリオ」というユニット名で、82年に「大きな恋の物語」でレコードデビューも果たし、オリコンランキング8位を記録するヒット曲となった。

 ドラマは73年のNHK大河ドラマ国盗り物語」、79年「草燃える」、78年フジテレビ系「白い巨塔」、95年日本テレビ系「家なき子2」に出演した。

(日刊スポーツより)

「生田さん よせ...」の画像検索結果

欽ドンの頃のヨシ山(良いOL)さんが、なつかしいです。ご冥福をお祈り致します。

 

「虚血性心疾患」とは「心筋梗塞」や「狭心症」。
「虚血」とは「血がない状態」を意味します。つまり心臓に十分血がいきわたっていない状態が「虚血性心疾患」です。
心臓の筋肉(心筋)に血液を送り酸素と栄養素を供給する冠動脈が、動脈硬化等で狭くなったり、血管がけいれんを起こしたりすることで、血液が十分に心筋にいきわたらなくなったとき、心臓は酸欠(虚血)状態となり、胸痛等の症状としてあらわれます。

「病気の原因」

虚血性心疾患の原因は1つではありません。冠状動脈をはじめとする動脈を硬くし、心筋梗塞狭心症を起こしやすくする危険因子としては、「高血圧」「高脂血症」「喫煙」「ストレス」「肥満」「糖尿病」「高尿酸血症」などがあげられます。
このうち「高血圧」「高脂血症」「喫煙」は心筋梗塞の三大危険因子と呼ばれるもので、これら危険因子が1つもない場合に比べて、どれか1つあれば2倍以上、2つあれば約5倍、3つともあれば10倍以上も心筋梗塞が発生する率が高いという調査結果があります。

ちなみに、元プロ野球選手・監督の野村克也氏の妻で2009年12月に急逝したタレントの野村沙知代さん(享年85)の死因も「虚血性心不全」でした。